ノート使い再考

OZ plus ノート術

OZ plus (オズプラス) 2014年 3月号は、ノート術の特集でした。
親知らず抜歯前後の待ち合い時間用の文庫本を家に忘れ、途中で買った雑誌です。

仕事や勉強のためのノート術ではありません。
自分発見のためのノート術の紹介。
ずっと自分を見失っている私に丁度いい。

「未来が変わる人生ノート」の特集記事を参考に、A5縦ノートに書き始めました。
A5縦サイズは、私にはなんとなく使いにくかったサイズなのですが、「人生ノート」には丁度いい気がします。

すでに手が止まってます…。
いかに自分が考えることなく、振り返ることなく生きているか、思い知らされます。


人生ノートを書く

オズプラス最新号紹介ページで、内容の一部を見れます。

“マイ・ベストノートを探そう!”というコーナーでは、山田文具店オーナーと文房具ブロガー 彩織さんお勧めのノートが紹介されています。
山田文具店オーナーおすすめとして、「ツバメノート Thinking PowerNotebook サーキット」も紹介されていました!

「サーキット」は、iPhoneサイズの短辺綴じの縦長ノート。
以前にイベントなどで販売していたパッケージ、1個だけ残っています。
透明の袋は葉書サイズ、その下はA5サイズノートです。

ツバメノート

私にとっては、ノートは書き味命です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする