上田へ行ったのに

しなの鉄道「ろくもん」車両

先月、都合により長野泊。
経費少ないながらにも刺激を求めての小さな旅です。

宿は長野市でしたが、初めて上田まで足を延ばしました。
運よく「ろくもん」にも乗れました。
もちろん、食事付きコースではありません。
「ろくもん」乗車を楽しむ人々に、幸せな気持ちをもらいました。

しかしながら、腰痛が厳しい2日間。
あっちこっち満喫とまではいかないのでした。

上田での目的地は、ブックカフェ「NABO」
何度か利用している本の買い取りサービスの会社が運営しています。
ちょうど出かける前に、メールマガジンが来て、ふと行ってみようかなぁ…と。


上田市のブックカフェ NABOのケーキとアイスティー

撮った写真は、これだけ。
ケーキは美味しかったし、場所もすてきでした。
1時間ほど滞在。

駅から歩いたら、もうヘトヘト。
「店内の写真を撮らせてください」と言う元気もなく…。
せっかく、ほかのブックカフェも教えてもらったのに、足を延ばす元気もなく…。

そして買ってきた本は、やっぱり、谷川俊太郎さんが載ってる古本。
谷川さんがアラスカに旅した『コヨーテ』。
そして、今発売されている『コヨーテ』は、アラスカに生きた星野道夫さんの特集です。

お得な切符が便利

お得な切符

今回利用したのは、昨年知ったお得な切符、「北信州ツーデーパス」。
十日町から上田までカバーし、2日間乗り降り自由で使え、便利です。
長野駅と善光寺大門を結ぶバス「びんずる号」にも乗れるので、移動はすべてこれで。
指定席券 1,000円追加購入で、「ろくもん」にも乗れました。

範囲が異なる「北信州ワンデーパス」もあります。
「北信州ツーデーパス」の説明ページに、“十日町駅の指定席券売機”で買えるとありますが、窓口でないと買えません。

観光列車「おいこっと」の車両にも乗ってきた

「ろくもん」に乗ったら、飯山線観光列車「おいこっと」にも乗ってみたくなりました。
しかし、運行日ではありません。
ところが、十日町への帰りに乗った車両が「おいこっと」!

飯山線「おいこっと」の車両

観光列車としての運行ではないのですが、やっぱり楽しい。
腰が痛くて、長野市内での観光を諦め早く帰ったのが幸いしました。
ヨレヨレだったため、車内の写真がありません。

何ごとにも浅いわたしは、電車好きも「あさーい乗り鉄」タイプ。
電車の旅は、楽しいです。