泣けた映画と漫画

『泣き虫しょったんの奇跡』パンフレットと『ちひろさん』

ハイネのお店番が木曜日だった9月、水曜日のレディースデーを利用して、久しぶりに映画を観てきました。
泣き虫しょったんの奇跡』。
TBSラジオで流れるCMを聴いていて、観たい!と思いました。
主演の松田龍平さんにも惹かれましたし、CMで流れてくるセリフがいいんですわ。

「しょったんは、そのままでいいの」

「好きなことを、とことんやればいいんだよ」

「瀬川さんは将棋が好きだ、腹の底から」

期待以上でした。
個性の強い、好きな俳優さんがばかり登場して、にやにやしてしまいました。
劇伴ていうんですか? 音楽がとてもよくて、気持ちよく物語に入っていけました。

8割方、泣いていたように思います。
ツボが多すぎて、ハンカチが手放せず、しっとり。
見終った後は、出口と反対方向へ行こうとするし、トイレで鏡を見たら目が真っ赤。

登場人物が、みんな、やさしいんですわ。
そして、たぶん、自分が言って欲しかった言葉に反応していたんだと思います。
パンフレットも買っちゃいました。
今度は、原作本を読むつもり。

ちひろさん

もう一つ、泣いちゃったのは、漫画『ちひろさん』。
きっかけは、以前に植木一子さんの『かなわない』を読んだから。
そこに登場する「先生」が、漫画家の安田弘之さんと知り、興味を持ちました。

無料公開されていた『ちひろさん』第1巻を読んで、いいなぁと感じました。
しかし、なかなか単行本に手が出ず。
新刊が出たと知り、なるべく本屋さん店頭で購入と思っていたら、店頭に無い…。

そんなとき、ちょうど最新刊を買えるくらいのAmazonギフト券をもらったのです。
ということで、久々にAmazonでポチッ。

届いた『ちひろさん』に、泣かされました。
ここにも、やさしい人が登場するのですよね。
一番つらくて、一番やさしいのは、主人公のちひろさんかな。
そのやさしさに触れて、胸がギュッとされる思いがして、涙が出ちゃうんですよね。

思いがけず、涙活した9月でした。