グリーン・フィロソフィーさんの植樹ワークショップに参加してきました

果樹苗の植樹ワークショップ

木で熟した果物と山菜、野草、野菜で埋め尽くされた森「フード・フォレスト」”。
十日町市松之山でグリーン・フィロソフィー(大出恭子さん)がはじめた農園の未来の姿です。

少ない年でも2m、3mと積もる豪雪地で、収穫できるまでに果樹は無事に育つのかしら。
そんなふうに、今までの、しかも自分では体験していない感覚で、大出さんのお話を聞いていました。
とはいえ、気になる、気になる。
先日、機会を得て、植樹ワークショップに参加してきました。

果樹苗の植樹と種まき

神奈川県鎌倉市からのピアニスト、松之山に滞在中のカナダ人アーティストなど6人の参加者。
この日は、りんご・キウイ・ぶどうの苗を植えました。
すでに農園には、レモンやいちじくなど多種多様な果樹の苗が植えられています。
雪に備えて果樹苗のそばに支柱の角材を打ち込み、苺とアスパラガスの苗も近くに。
果樹は収穫までに年数がかかるため、それまでにも収穫できるものがあるように、とのことです。

そのほかに、栗とアケビも種まきしました。
栗は市内の直売所で食用に売られていたものです。
春には山菜として人気のミツバアケビは、近くで採れた実から種を取り出して。

アケビの種まき

大出さんの楽しそうな様子!
耕作放棄地から「フード・フォレスト」を目指す静かな情熱、この細い身体のどこに?ってビックリです。

おやつにセミドライフルーツ

ワークショップの後にいただいたのは、参加者のお一人・三条市の田沢農園さんが栽培した梨でした。
無肥料栽培9年という田沢さんの生の梨と、田沢さんの梨で大出さんが作ったセミドライの梨チップスです。

当日はその写真を撮りそこねまして、以前にいただいていた梨チップスを撮りました。
朝陽に照らされた色になっております。

セミドライの梨チップス

梨の皮はあの通りなので、色は地味です。
しかし、濃厚な味がさらに凝縮されて、しあわせな甘さが口の中に広がります。

無肥料栽培の梨チップス

梨チップスは、グリーン・フィロソフィーのワークショップや特別なイベントでのみ提供予定とのこと。
機会があったら、ぜひ手を伸ばしてみてください。

大出さんが見せてくれる「フードフォレスト」の未来が楽しみです。