ぽっちり舎の講座へ行ってきました

ぽっちり舎講座で出た仕出し弁当

6月、ヒビノケイコさんの自主開催講座「ぽっちり舎」に参加してきました。
今回は、ことばとコミュニケーションがテーマです。
ヒビノさんと共に、タイ・カストー寺副住職であるプラユキ・ナラテボーさんが講師となり、瞑想ワークショップも初めて体験。
約7時間、たっぷりと、濃い時間を過ごしてきました。
写真は、お昼ご飯の仕出し割烹です。

年の初め、ひょんなことからヒビノさんのメルマガを購読し始めたけれど、ヒビノさんのこともプラユキさんのことも詳しく知りません。
一度、「瞑想」を習ってみたかった…その思いをきっかけに、思い切って出かけました。

日常に役立つ仏教メソッドと、瞑想ワークショップ

仏教メソッド・瞑想を日常に取り入れてるヒビノさんのお話と、プラユキさんによる座学と瞑想ワークショップ。
直に学ぶ楽しみを久しぶりに感じました。
本や動画では分からない喜びです。

今、メモや資料を見直してみても、まだ自分のことばに変換できません。
学んだ内容というより、感じたこと・心に残ったことを挙げるなら。

  • 仏教(ブッダ)の考え方は、合理的・効率的で、役に立つ
  • 無駄なこと(行動を伴わない悩みの堂々巡り)にエネルギーを消耗せず、生産性があがる
  • 物事の捉え方が変わり、楽になる
  • 自分に罪悪感を持たず、自分を信頼できる
  • 一時的な感情に囚われず、受け止められる
  • 他人や相手を尊重でき、現実的な対応・コミュニケーションをとれる
  • 「わたしって、こういう人」は、そういうパターンを作ってきただけに過ぎない
  • 自分のことばでかけた自己暗示、自己制限
  • ことば自体に能力は無い
  • ことばをちゃんと扱う

考え、理解することとは別に、実践できるのが「瞑想」。
教えていただいたのは、「気づきの瞑想」と呼ばれるものです。
手動瞑想、歩行瞑想、呼吸にのせる瞑想を実践しました。
“今ここ”に気づくことを繰り返します。

雑念が浮かんだら、「オッケー!自分はそれが気になっているんだな。はい、“今ここ”に戻るよー」。
プラユキさんは、そういう姿勢でいいと教えてくれました。
瞑想についてのほかの本や、プラユキさんの著書を読んでも分からなかった“感じ、ニュアンス”が、同じ場で体験したことで納得できました。

参加者も講座を作っている

受講者は5人、そして次回「ぽっちり舎」講師の詩人 totoさんも参加。
しっかり、人から学ぶのって久しぶりです。
しかも、この少人数、初めての人、初めての場所、少し緊張しました。

緊張が「少し」なのは、年齢を重ねて図々しくなったお陰ですね。
それから、“場”の雰囲気がとてもよかったのです。
だからでしょうか、疲れなかったんです(東京には疲れたけど)。

帰ってからは、しばらく毒出しの日々でした。
そして、毎日少しずつ、手動瞑想を実践中。
正直なところ雑念ばかり浮かぶのですが、「オッケー!」で続けています。

フォローメールで発見

講座の後、ヒビノさんからのフォローメールに「とてもじっくりと物事をお考えになられる方なのかな・・と感じました。」とありました。
あれ?そうなのか?と発見です。

本来は、わたし“とてもじっくり”タイプなのかって。
並行して物事を進めるのが苦手なのも、この辺りにあるのかもしれません。
本来の性質なら、仕方ないなって思えました。