アーユルヴェーダ体験

アーユルヴェーダ体験の日

アーユルヴェーダのヘッドマッサージ「シローアヴィヤンガ」を受けてきました。
こ、こ、これは、、、今まで体験したことのない感覚でのリラックス。

行ってきたのは、南魚沼市六日町のTHE BARBER PRINCE
最近、直観が冴えてる私。これも正解でした。
本当は、「アユーラ」を知ってからずっとアーユルヴェーダに興味あったから、20年近い時間がかかりましたけど。

まずは体質チェック

まずは「アーユルヴェーダ」についての簡単な説明と、「ドーシャ」と呼ばれる体質チェックをしてもらいました。

アーユルヴェーダとは、3500年以上の歴史があるインドに伝わる伝統医学です。
3つの生命エネルギーがあると考え、そのバランスが崩れることで不調が現れると考えます。
人はそれぞれ、元々持っている体質「ドーシャ」があるそうです。

  • ヴァータ(風のエネルギー)
  • ピッタ(火のエネルギー)
  • カパ(水のエネルギー)

詳しい説明できるほどの知識が無いので、そこは割愛します。
私は、ヴァータとピッタが同じくらいでした。
体質の説明・特徴を聞くと、心当たりがあって、納得です。

そして、アロマやオイルを使ってのカウンセリング。
この日のマッサージに必要なオイルを選んでもらいました。

シローアヴィヤンガ

老廃物を排出し、バランスを取り戻す自然治癒力を高めるための施術の一つが、この日体験した「シローアヴィヤンガ」です。
先ほど選んでもらったオイルを使っての、首の付け根から上の頭部のオイルマッサージ。

この日はちょうどよくボーッとしていたので、すっかりお任せ。
なので、細かいこと覚えていません。

まず、椅子に座った状態で、丁寧に首から頭のマッサージしてもらいます。
次に、ベッドに寝て、オイル浸透の時間があります。
これがね!ビックリな体験だったのです。
ただ、目を瞑って仰向けで居ただけなのだけど。

デトックス?無の感覚?

寝ていた間、水の中に浮いてるような感じがありました。
体の境界が曖昧になって、体から何かが剥がれ落ちているような感覚。
なんじゃ、こりゃ!?ですよ。

「ホ・オポノポノ」というハワイの問題解決法に関する本に書かれている“”の状態に近いのかもしれないと、後から思いました。
とにかく不思議、そして楽。

その後は、頭のオイルを丁寧に洗い流してもらって、丁寧にブローしてもらいます。
スタイリング剤は無し。
来た時とは違って、おでこピカーンなスタイルにして頂きました。
おでこ出すの久しぶりでしたが、気持ちよくて、気に入りました。

効果の実感

心のリラックスが目的だったし、普段から美容には無頓着。
ブローしてもらって鏡を見ても、見た目の変化にはすぐに分かりませんでした。
でも、“視界が広がった”のは、すぐに実感しました。
そして、とにかく、体がスッキリした感じ。
満足して、帰りました。

夜のお風呂では、久しぶりに吹き出てくるような気持ちいい汗が出ました。
翌朝、寝起きもすごくすっきりしていました。
「よく寝たー」という感じ。

それから、確かにフェイスラインがすっきりしていることに気づきました。
口元の頬や下まぶたの辺りのたるみも薄くなっていました。
脂漏性湿疹と思われる頬のカサカサも、かなり軽減しています。

施術から丸2日、残念ながら、たるみや肌荒れはかなり戻っちゃっいました。
でも、すごく分かりやすい効果にまた行きたいです。

いつか、シローダーラ

ずっと、“究極の癒し”と称される「シローダーラ」という額にオイルを垂らす施術を受けたかったんです。
予算上、オイルマッサージ「シローアヴィヤンガ」を選びました。
これでも、ビックリするくらいの“気持ちよさ”。
「シローダーラ」だったら、どうなっちゃうの!?とますます憧れます。

感覚は個人差あるんだろうと思いますが、私に合ってる方法に出合えたことに感謝です。

2011年の記事ですけど、南魚沼市女子力観光プロモーションチームブログでこのお店のアーユルヴェーダ体験が紹介されています。