手帳はスクラップブックとなっていく

もう九月だねー、とは思うけれど、まだ来年のことまでは考えていませんでした。
しかし、来年の手帳の話題がいろいろと出てきてます。
6年くらい「ほぼ日手帳」を使い続けていましたが、今年は「クオバディス」を使っています。

予定は相変わらず少ないです。
プライベートの予定も少ない上、仕事のTODOは結局メモ用紙に書き出したり、手帳に書いたり…。
見開き一週間なので、ざっくりした時間の中での記録に役立ってます。
今週はこんな感じ。

クオバディスの今週の見開き

私には一日一ページより、一週間見開きの方が性に合っていると気付きました。
“バーチカル”というのが時間を捉えやすいです。
だから、来年も「クオバディス」だと思います。
カバー奮発したから、買い替えるのは中身だけ。

来年版は、クオバディス×中川政七商店コラボ手帳もあるそうです。
モレスキン×ピーナッツ(スヌーピー)なんてのも。

お財布が許さなくても、何を手に入れようか考えるのは楽しいですな。