虫歯の親知らず

これは、140字に収まり切れなかった、つぶやきです。

親不孝モンの私は、親知らずを4本持っていました。
過去形なのは、昨日、1本を抜いたから。
とんでもない虫歯になっていたので、抜かざるを得ないという状況でした。

きっかけは、夕食の最後に食べた梨。
もう柔らかめになっていた梨を食べたら、ガリッ。
歯が欠けたのです。
恐ろしい…。

歯医者の予約の電話をかけるまで数日、いや2週間くらい。
仕事がちょっと詰っていたので、電話するのが遅れたのですが、混んでる歯医者で、診察は2週間待ちでした。
で、診察の結果は「右上の親知らずがひどい虫歯です。抜きましょう。」ということに。

抜歯予定日は、当初はスミレ屋初日でした。
深く考えてなかった私は、抜歯後にスミレ屋へ行くつもりでした。
しかし、「人によっては、親知らずの抜歯は辛いらしい」と聞き、びびって延期したのです。

結果、やっぱり辛かった。
忠告サンキュー!

抜歯って、ほんとにタダ抜くだけなのですね。
だけど、虫歯でかなり欠けていたために、ちょっと手強かったようです。
麻酔の注射をされたとき、「そういえば、昔、これやったことある」と思いましたが、いつのことだったかまでは思い出せませんでした。

抜歯自体がどうこうより、抜歯したという事実に気持ちがドヨーンとしました。
口を開けていた時間が長くて、顎が筋肉痛気味にちょっと痛いです。
硬いスルメを噛み過ぎた翌日みたいな。

久しぶりの歯医者で気付いたこと。
マスクしていると、先生ってかっこよく見えるのね。
いや、本当にハンサムならごめんなさい。
どうみても、かっこよく見えない先生もいるもんね。

で、口を開けながら、「美人だったら、もうちょっと優しくしてくれるものなのだろうか。」「いや、美人は、口の中のケアも手を抜かないよね」なんてことを思ってました。
週末は、もう一つの「バッシ」、抜糸です。

あと3つ親知らずが残ってますが、今のところ、抜くのイヤー!!!