ガーゼ専門店 ao の工場見学

美装いがらし工場見学

ガーゼ服の ao(アオ)
糸魚川市にある昭和42年創業の縫製工場 美装いがらしのファクトリーブランドです。
「ファッション」に縁遠い私が、縁あって、ao の工場見学へ行ってきました。

お裁縫がてんでダメな私には、まぶしいくらいの工場で働く人々。
五十嵐専務が語ってくれた、ao ブランドのストーリー。

軽い気持ちで、工場見学へ行ってしまった私。
「ホントすみません」という申し訳なさと、「貴重な経験をありがとうございます!」という思いで、帰ってきました。
大人になって初めての工場見学のレポートです。

ao の誕生

aoの商品タグ

平成17年(2005年)4月に、「ao 代官山」がオープンしました。
ブランドの企画が始まったのは、その前年の7月と聞いて、「え?そんなに短い間で立ち上げられるもんなんですか?」と驚きました。
いや、勿論、大変だったそうです。

当時、繊維や縫製の生産はアジアへ流れ、国内の繊維産業は厳しい状況でした。
美装いがらしでも、それまで約10年、販売店への企画提案など試行錯誤を重ねていたそうです。
その中で、「自社で価格を決められ、着る人に直接伝えられる方法でなければならない」と強く感じるようになったとのこと。

平成16年6月に、経済産業省の助成事業の採択を受けたことが、後押しとなりました。
7月から企画が本格的に動き出し、雑誌編集者だった久保正子さんをディレクターとして迎えたのは12月。

「一年間は、商品は売れなくとも、ブランディングに力を入れよう」と、臨んだそうです。
一年を待たずに、ao の“洗いざらしのよさを感じる服” “繰り返し着続けたい服”は支持を得ました。

なぜ、ガーゼ?

ガーゼ

綿」という素材を切り口にすることは、決めていたそうです。
そして、縫製工場としての強みを活かせる、他に無い(少ない)「ガーゼ」に。

でも、縮率タテヨコ20%で、引っ掛かりやすい生地は、洋服には難しい素材。
仕入れた生地のロット毎に、調整しながら生産することが必要だといいます。
最初の頃は、300枚作ってその6,7割がB品ということもあったというお話でした。

縫製工場見学

いよいよ、ao の服が生産される現場へ。

ガーゼ生地

これが、ガーゼ生地。
織機から織り上がったばかりの生機(きばた)という状態で、工場に入ります。
綿糸本来の風合いや肌触りを残したままに、着心地のよい服となります。

肌触り・着心地を第一とする ao の場合、染めは縫製の後なんだそうです。
染色の順番で、肌触りに差があるなんて、知らなかったです。

自動裁断機によるガーゼ裁断

コンピュータ裁断されるガーゼ生地。
その柔らかそうな感じに、なぜか、残った方の生地が気になりました。

そして、ミシンが並び、リズムよくミシンの音がするフロア。
か…かっこいい!

美装いがらし縫製工場

ao 以外の製品も多く生産されていて、たーくさんのシャツ・ブラウスが見えました。
ミナ ペルホネンのブラウス、有名ブランドのシャツ、某店のユニフォームなども。

業務用のミシンや形態安定加工の装置など、見たことの無いものばかりで興奮しました。

ao のギフトBOX

aoのギフトボックス

つむぎ日和の会場で惹かれた、ao のギフトBOXと、折形を採用した贈り物のかたち
今回、なんと、そのギフトBOXをお土産に頂いてしまいました!
中には、マフラーと2010年グッドデザイン賞受賞のフェイスタオル。

中身も嬉しいですが、がまた嬉しい!
引き出しタイプの箱自体もいいし、収納ボックスとしてそのまま使えるのがいいです。

ao ギフトボックスのアップ(ロゴ部分)

色や段ボールの質感、ロゴ部分の凹み。
ニマニマ笑ってしまいます。

伝える力

作ることを1としたら、伝えることには5の割合で力を注いでいる、とお聞きしました。
縫製工場として、品質と技術に自信があるからこその「作る」の割合が1なのかとも思いますが、それぐらい「伝える」ことは難しいんだと感じました。

「工場なのだから、良いものを作るのには自信があった」そうです。

  • その良さを、分かってくれる人に、どう伝えるか?
  • それは、お客様が求めているものなのか?
  • 作り手のエゴや想像で、作っていないか?

と、いつも考えるそうです。

展示会などで販売店やお客様と会って話すこと、
海外の展示会でバイヤーの意見を聞くこと、
他社とコラボレーションすること、
クレームを寄せるお客様も、新しい気付きを貰えるチャンスと捉えているそうです。

紙好き視点でいえば、ao は“洗いざらしのよさ” “肌触りのよさ”を印刷物で伝えることにも丁寧だなと感じます。

aoの印刷物、名刺、カタログ、パンフレット、ショップカード

この質感のよいカタログ・パンフレットは、つむぎ日和の時にも、いそいそと貰ってきました。
丁寧な言葉や柔らかい雰囲気の写真に見入ってしまいます。

ao のガーゼが買える店

ユニクロ率が高い私が持っている ao 製品は、ハラマキ・ハンカチ・ストール。
ガーゼ服までは遠いのですが、使っていて優しい気持ちになれる肌触りが好きです。

aoのガーゼ製品、ハラマキ・ハンカチ・ストール

これらを買ったのは、十日町の小さな服屋(というかワンダーランド)Omakeさん。
Omake店長に、ガーゼの良さを教えて貰いました。
彼女がいなかったら、私にとって ao はもっと遠い存在だったかもしれません。

そう、ao は、代官山の店舗以外でも買えるのです。
新潟県内では、新潟三越tetote(新潟市秋葉区)Omake(長岡市・十日町市)で取り扱いがあります。
取扱店は、全国に50店と、広がっているそうです。

4月21日(土)22日(日)には、地元 糸魚川でのファクトリーイベントが開催されます。
ao ファクトリーイベント vol.3 手から手にわたる やさしいガーゼ展」。
フライヤーが届きましたので、後日アップします

ヘリンボーンガーゼ

お話を伺っているなかで、「(えん)」という言葉が印象に残りました。

ao 立ち上げの後押しとなった助成事業を教えてくれたのは、取引先の方だったそうです。
ディレクターの久保さんと五十嵐専務は、大学時代からの旧知の縁、
協働するデザイナー・パターンナーとの縁(コラボ)、
長く深く付き合える販売店との縁。

通販生活をはじめ、他社とのコラボも展開されています。
halギャルリ百草とのコラボが進んでいるそうです。

一つ一つの縁を大切にしながら、長く愛され続ける商品を作っていこうという想いを感じました。
そして、その想いを形にしているのは、糸魚川の工場の技術。

私の工場見学も、「これもご縁」と受け入れて下さいました。
ありがとうございます。