「マーマーな農家」のボランティア始めました

雪の下には、土が待っている

この冬一番の寒気で、静かに降り積もっていく雪。
それでも、この雪の下では、きっと春が進行中です。

雪の下の土を思う二月、マーマーマガジンが運営する「マーマーな農家」サイトのボランティアスタッフを始めました。
昨年末に“何かしたいです”とメールして、サイト更新に参加させてもらえることに。
昨日、「マーマーな農家」サイトブログでご紹介いただきました

自分にできることから

この一年、マーマーマガジンの編集長 服部みれいさんの文章に刺激を受けました。
他のコトやモノからも、同じようなメッセージを受け取った気がしました。
何かが変わるときって同時多発的ですよね、そんな感じ。

受け取ったものが多くなったときに思ったのは、わたしができることは何か?
仕事としているウェブ制作のことで何かできるのでは?とマーマーマガジン編集部にメールしたのでした。
マーマーなこと×最近興味のある農そして食のこと×ウェブの掛け算でした。

正直、あまり考えずに、自分の想いだけでの応募でした。
だって、スタッフ募集もしてなかったんです。
最近、「マーマーな農家サイト」開設当初からのボランティアスタッフであるライター 松子さんのブログを見つけました。
皆さん、書類応募などのハードルを越えてスタッフになっていらっしゃる…
募集していての応募だったら受からなかったかもしれないので、ラッキーです。

「マーマーな農家」サイトとは

マーマーマガジン 農の特集号

きっかけは、『マーマーマガジン』の農の特集でした。
雑誌から広がった、生産者と消費者&学ぶ人を結ぶ「マーマーな農家」サイトです。
読者が生産者や農の学ぶ場の情報を投稿し、共有します。
行動の選択は、読者自身に委ねられます。

そして、もう一つの大きな特徴は、運営がドネーション(寄付)によって行われていることです。
ライティングやウェブ更新には、ボランティアスタッフが携わっています。
関わる人みんなが自ら行動することで、動いていく、循環していくことに惹かれました。

「マーマーな農家」サイトについては、マーマーマガジンのサイト「別マー」にある、服部みれいさんによる紹介が分かりやすいです。
興味を持ったり、何か引っ掛かるものを感じたら、行動してみてください。
サイトのご利用、農家のご推薦、ドネーション、よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする