スミレ屋さんと「まつだい食堂」へ

昨日は、スミレ屋のお二人と、農舞台へ。
ここにある、水色空間のレストラン「まつだい食堂」を目的に行きました。
お二人は建物内の他のスペースにも興味を持ってくれ、そちらも楽しんできました。

「農舞台」の入館は無料で、「まつだい食堂」とミュージアムショップは誰でも利用できます。
ギャラリーから奥のスペースは、有料となっています。

農舞台ギャラリーでは、「大久保英治 天の川 信濃の川 そして谷の間に」開催中
構造物の作品は、作家さんがギャラリー会場で、一から組み立てたものだと云うことです。
どのくらいの時間をかけたか、などの詳しいことは聞いてきませんでした。
ウカツです。

外を見ると、草間彌生さんの「花咲ける妻有」が雪を被っていました。

草間彌生「花咲ける妻有」
草間彌生「花咲ける妻有」

お手洗いや黒板の部屋、ミュージアムショップなども一通り見た後、本題のまつだい食堂へ。

私は、再び豚肉「越乃紅(こしのくれない)
今回はベーコン。

農舞台 まつだい食堂での妻有ポーク「越の紅」
農舞台 まつだい食堂での妻有ポーク「越の紅」

脂がたっぷりで、見た目の量より「食べた!」という満足感が大きかったです。
おにぎりも一緒に選んで、満足いく昼食メニューとなりました。

さらに食後に、もう1品。
いちご酢ソーダを飲んでみました。
スミレ屋のマイヤさんが「気になる」とおっしゃるので、便乗してオーダー。
予想外に、キレイで美味しい飲み物でした。
酸っぱくない!

まつだい食堂の「いちご酢ソーダ」
まつだい食堂の「いちご酢ソーダ」

選ぶものや行動が固定化している私。
スミレ屋のお二人の視点のお陰で、楽しい時間が過ごせました。

外の写真は撮ってこなかったですが、とてもいいお天気でした。
松代城山を覆う雪が、白く眩しかったです。
雪景色もまた良いですよ。