やっぱり、本がすき

絵本『おなみだぽいぽい』

発売当初から気になっていた、ミシマ社の絵本『おなみだぽいぽい』。
書店の店頭で買いたいわぁと思いながらも、なかなか機会がありませんでした。
今回、幸運なタイミングで手に入りました。

ほかの2冊と共に、岡山の書店「スロウな本屋」さんのオンラインショップから購入。
きっかけは、ミシマ社のTwitterで知った「西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん」という企画です。

手売りブックスの5冊から選んだのは、いしいしんじさんのエッセイ『きんじよ』。
手売りブックスは、ミシマ社と著者さん、本屋さんが手をかけて、一冊ごとに違う仕上がりになる本です。
シリーズ共通のデザインに、手売りブックスのロゴマークシール、各本ごとのオリジナルシール(『きんじよ』では車のイラスト)、そして書店さんによる「手売りシール」。

手売りブックス『きんじよ』

スロウな本屋さんの「手売りシール」は、こちら。
同封されていたので、ここに貼りました(貼り直しできます)。

スロウな本屋さんの手売りブックスのシール

送料を払って、岡山の書店から取り寄せたのは、さらに理由があります。
『おなみだぽいぽい』著者の ごとうみづきさんが手売りシールを作られた、と知ったから。
ごとうみづきさんの手売りシールは、なんとコラージュなんです!

通販でも手売りシールを添えていただけるかしら?もう売り切れてるんじゃ?と思いつつ、届いた『おなみだぽいぽい』には、うれしい手売りシールが添えられていました。

『おなみだぽいぽい』

本は旅

最近、自分から行動を起こしての旅をできてないなぁ…と落ち込んでいたのですが、ハッとしました。
そう、本を開けば旅が出来るんです。
本が好きになった理由って、それだったように思います。
思い出して、うれしくなりました。

そして、絵本『おなみだぽいぽい』の世界は期待していた以上でした。
わたしの「おなかのおくに ある かたまり」も溶けはじめました。

もう一冊は、『UCAUCA(うかうか)』2号「女子後の生き方 みかけとなかみの大問題」
サイズも内容も量も、ちょうどいいZINEです。
今回初めて知りましたが気になって購入、正解でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする