賞味期限切れ

賞味期限切れの粒マスタード

先日、整理収納アドバイザーのヨコヤマトモコさんと話していて、頭に浮かんでいたのが、この粒マスタードのチューブ。
賞味期限切れにも程があるってものです。
頭に浮かんだのは、賞味期限切れしているのを知っていたから。
見て見ぬふりしていたからでした。

ちゃんと出来ている人と会うと、自分の出来ていないものがハッキリ見えるのって、なぜだろう。
不思議な鏡のようです。

そういう出来ている人に会うと、昔は落ち込んだものでした。
自分は出来ていないっていうのを再認識して。

しかし、年をとって図々しくなるにつれて、そういう人は単に「出来る人」と思えるようになりました。
「だからダメなんだ」って母の声が聞こえるようですが、とっても楽。
変に羨ましがったり、嫉むことなく、すごいなって思えます。
そして、自分の出来る範囲で見習おうって(実際そうすることは少ないけれど)。

もう一つの賞味期限切れは、カップヌードル。
と思ったら「スープヌードル」。

期限切れのスープヌードル

粒マスタードは捨てたけど、スープヌードルは近いうちにお腹に入れようと思います。