みうらじゅん と 谷川俊太郎

みうらじゅんフェス冨山「飛び出し坊やブーム」展示

富山市で開催されている「みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 MJ’s FES in 富山」へ行ってきました。
以前から みうらじゅんファンである妹をそそのかし、運転をお任せ。

面白い人だとは思っていたけれど、県外で開催の展示を見たいというほどの興味はなかったのです。
ただ、安住紳一郎さんや大竹まことさんのラジオで聴いているうちに、直接見たいと思うようになりました。

しかも、みうらじゅん氏は、今回の会場である富山とは“縁もゆかりもない”というのです。その割には、ラッピング路面電車が走っていたり、特別の花火が打ち上がったり。
「みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 MJ’s FES in富山」公式ツイッターを見るに、ちょっとどうかしてるレベルで、そのノリに触れたいと思いました。

「好き」の力に圧倒されました

とにかく展示(コレクション)の数が多い!
そのスタートが小学生の頃から…。

みうらじゅんフェス「ケロリ新聞」

『ケロリ新聞』は、小学3年生での発行です。
編集力がすごい!

みうらじゅんフェス「肩たたき券」

1960年代ということは、小学生のころってことですかね。
下の写真のスケッチブックの表紙のデザイン、昔よく見た気がします。
多分、みうらじゅん氏オリジナルのデザインというわけでなく、巷に流行っていたものや彼が惹かれたものを、MJ仕様に編集していたんじゃないでしょうか。
だから、「なつかしー!」「こういうデザインのよく見た!」というのが沢山ありました。

今、会場で撮ってきた年表(長いです!)を見ていて気づきました。
ちょうど一回り(12年)違います。
しかも、みうらじゅん氏も2月生まれ(2月1日)!
急に、勝手な親近感。

とにかく楽しかったですねー。
ランチも含め、会場の富山市民プラザに約4時間滞在していました。
いや、もっと居ることもできましたね。
楽しかった思い出に、ツイッターのプロフィール画像を会場で撮った「冷マ」写真に変更しました。

みうらじゅんフェスの物販コーナーで、『「ない仕事」の作り方』を購入。
以前から気になっていたけれど、文庫版で買えました。

そして、谷川俊太郎さんの世界へ

それから、車で数分、企画展「谷川俊太郎の宇宙」を開催している高志の国文学館へ。
おおらかな雰囲気に包まれた展示で、写真OKも多く、楽しめました。

谷川俊太郎展の「二十億光年の孤独」展示空間
谷川俊太郎展の「二十億光年の孤独」映像作品

床面はこんな感じ。
写真で見ると、ちょっとリアルな感じがあるかも。

谷川俊太郎展の「二十億光年の孤独」展示空間の床面

高志の国文学館は、とてもすてきな建物と空間で、スタッフの対応もよかったです。
ライブラリーコーナーでは、情報誌などもありますし、次は、ここで長居したいくらい。

Koffeが、すぐ近く(文学館の敷地を出たところ)にあります。
文学館の中でもコーヒーを飲めますが(有料)、数十歩、足を延ばして、コーヒーとケーキを味わいました。

みうらじゅんフェスは、9月1日まで。
谷川俊太郎展は、9月23日まで。

富山市民プラザにあるお店「チリングスタイル」では、すてきな雑貨に出合いました。
それについては、また今度書きたいです。