有山達也さんの『装幀のなかの絵』

有山達也『装幀のなかの絵』

グラフィックデザイナー 有山達也さんのエッセイ『装幀のなかの絵』を読みました。

デザイナーという仕事に限らず、
仕事をする上で、考える上で、ものを作る上で、生きる上で、
忘れてはいけないことが書いてある感じ。

借りた本を返す頃になって、何か言葉を抜き出しておこうと再び開きました。
そんなときに限って、久しぶりの頭痛で頭が回らなくて、うまく読めないのでした。
また、あの場所で読ませてもらおうと思います。

文章もよかったけれど、本としての佇まいも好きです。


四月と十月文庫と普通の文庫本

普通の文庫本(左)より、一回り大きいサイズなのですが、妙にしっくり来ます。
本文ページの余白も心地よいのでした。
いつか買って、手元に置いておきたい本です。

著者の有山達也さんの代表作といえば、『ku:nel』『雲のうえ』など。
北九州市の情報誌『雲のうえ』は、柏崎のギャラリー tanneでも手に入ります

『雲のうえ』

先日、最新号とバックナンバーをいそいそと貰ってきました。
気になる方はお早めに。

装幀のなかの絵 四月と十月文庫3』 
著者:有山達也
発行:港の人
初版:2011年11月25日
定価:1,200円(税込)