小脇 夏の学校2008

小脇 夏の学校
小脇 夏の学校
十日町市内 小脇地区へ行ってきました。
大地の芸術祭プレイベント「大地の祭り08」のワークショップの一つです。

といっても、アートとか芸術祭とかに関心があってワークショップに積極参加というわけでなく、友人にツバメノートを渡すため。
国道403号線沿いの旧川西町 小脇地区へは一度も行ったことがなく、通ったこともなく、ビビリながら行きました。

が、なーんの心配もなく、ビビリポイントも無く、家から30分足らずで着きました。
それもそのはず、地元のおじさんの話では「ほくほく線まつだい駅まで10分くらい」。
ウチからまつだい駅より近い…。

正式名称は、【大地の祭り08】ワークショップ:丹治嘉彦・橋本 学「小脇 夏の学校2008」というものでした。
粘土で遊んで、地区のおじさん達としゃべって、お茶を一服いただいて、帰ってきました。

地区のおじさん達(60代以降と思われる)は、色々と話をしてくれました。
私は地区の名前も知らなかったけれど、松代と縁が深いということ、私の住んでいる莇平のこともご存知でした。
同じ芸術祭作品がある地区として興味を持ってるんだ、という方も。

おじさん達の話を聞いていると楽しかったです。
うちの地区に来る人もそんな風に感じているのかなぁなんて思いました。
せっかく作家の先生もいらっしゃったので、どんな思いで作品を作って交流を続けているのか聞けば良かったかなぁって帰りの車の中で思いました。
予習しないで出かけると、こんなもんです。

大地の芸術祭で訪れた人に「作品より人が印象に残った」と云われたことが何回かあります。
私も、今日はそんな感じでした。

下の写真は左から、粘土のワークショップのあと野点をしてくれた「金魚亭」をまったり待つ人々、芸術的なクモの巣、美味しいお抹茶とかわいい干菓子。

小脇 夏の学校 クモの巣 お抹茶