ロミロミ初体験

andyou(須藤歩さん)のロミロミ

ご縁があって、南魚沼市六日町のロミロミサロン andyou でロミロミを体験してきました。
ロミロミについて、ぼんやり“ハワイのオイルマッサージ?”くらいの情報しかないわたし。
andyou(アンドユー)さんのロミロミは、そんなわたしの想像を超えたものでした。
納得、スッキリ!

andyou さんとロミロミ

施術の前に、andyou のセラピスト・須藤歩さんから、ロミロミについての説明、そしてロミロミセラピストになった経緯をお聴きし、「へーっ!」の連続。

さらに、ロミロミって、ただのマッサージの種類じゃないって知りました。
サロンやサービスによっては、マッサージだけ提供しているところもあるのかもしれませんが、andyou さんのロミロミは違います。
ハワイで古代から家伝として癒しの手技・問題解決法として受け継がれてきたものを学び、施術されているのでした。

その「家」ごとに、手技や使う道具が違うそうです。
andyou さんのロミロミでは、貝殻を使います。

ロミロミで使う貝殻

そして、この貝に目が釘付け。
小さいころ、貝殻に憧れのようなものを感じていたことを思い出しました。

気持ちいいマッサージというより、自分まるごとの調整

いよいよ、ロミロミ初体験。まずは足湯しながらのヒアリングです。
気になる症状、アレルギーなどがあるかどうか、治療中かどうかなどを申告します。
パレオ(これも初体験!)に着替えて、施術に移りました。
マッサージベッドにうつ伏せとなり、あとは身を任せます。

腕を使って揉みほぐすロミロミのマッサージは、思っていたよりダイナミック。
くすぐったがりのわたしは指先でのマッサージが苦手なのですが、これは合う!と思いました。
ダイナミックながらも心地よいので、リラックスして半分寝てました。

背中・腰・脚のマッサージの後は、胃・子宮の位置を調整する施術「Opu Huli(オプフリ)」、身体に残る感情的・精神的な否定の記憶を消去する施術「Ho’oponopono(ホ・オポノポノ)」を受けました。

セラピストを通して、身体と会話する感じが面白かったです。
それがね、今の自分の感覚とピッタリ、しっくり合っていて、嬉しくなりました。
その後の変化や感じたことなどは、また改めてレポートしたいと思います。

ハワイの考えかた、合っているかも

ハワイといえばリゾートのイメージが強くて、自分には縁が無いかなぁと思っていたのです。
しかし、今回 andyou でロミロミを経験して、たくさんお話を聴いて、興味が沸きました。

ハワイの森羅万象に神が宿るという考えかたは、とてもしっくり来ます。
日本には昔からある「八百万の神」という考えかたに共通するものがあって、頭で判断する以前に共感するんでしょうか。
日ごろお世話になっている鍼灸など東洋医学の考えかたにも通じるところがあります。

それから、惹かれたのが「ALOHAの心」。
「ALOHA」っていうと、あいさつの言葉と思っていましたが、さまざまな意味が込められているそうです。
一つは、「ALOHA」5つの頭文字を持つ言葉の意味。

  • … Akahai (寛大さ、優しさ)
  • … Lokahi (調和と融合)
  • … ‘Olu ‘olu (喜びを持って柔軟に、心地よい)
  • … Ha’aha’a (ひたすら謙虚で)
  • … Ahonui (忍耐)

そして、「ALOHA」を2つに分けた言葉の意味。

  • ALO (分かち合う、互いにシェアすること)
  • HA (呼吸、神聖な息)

andyou 須藤歩さんに、もっとお話聴きたくなっています。

ロミロミサロン andyou さんのリーフレットは、ハイネで配布中

ロミロミサロン andyouさんのチラシ

andyou さんのリーフレット、南魚沼市六日町にある「雑貨と洋服やさん ハイネ」でお預かりしています。
ハイネ店主のジュンコさんも、andyou さんのロミロミを体験しています。興味ありましたら質問してみてください。
わたしも週一お店番に行っております。いつもは水曜日担当ですが、11月は木曜日です。