胡桃堂喫茶店へ行ってきました

胡桃堂喫茶店の定食

といっても、もう半月前の話(…ウソでしょ)。
1月に動画配信でトークイベントを聴き、ますます行ってみたくなっていた、クルミドコーヒー。
でも「国分寺って、遠いよなぁー」と思っていたんですよね。距離感も分かんないくせに。

6月の初め、東京へ行く用事を作って、思い切って足を延ばしました。
国分寺は、思ったより近かったです。
東京駅から国分寺駅まで、青梅特快に乗って30分で着きました。

この日は7時前に朝食を食べたので、お腹ペコペコで、11時オープン直後の胡桃堂喫茶店へ。

お気づきですか?
「クルミドコーヒー」じゃなく「胡桃堂喫茶店」です。
ぼんやり「くるみ堂 国分寺」で検索していたので、着いたのは喫茶店のほう。
クルミドコーヒーの2号店でした。

思い込みでと勘違いで、2号店に行ったわけですが、これは幸いだったんです。
クルミドコーヒーは西国分寺駅。
国分寺駅周辺にもう一つの目的があり、それもあったから足を延ばそうと思えたのでした。

定食が落ち着く

喫茶店のランチメニューは定食でした。
あー、やっぱり米と味噌汁は落ち着くぅと思いながら、頬ばりました。
食後に頼んだコーヒーも好きな味。
この日は荷物を最小限に、と思っていて、コーヒー豆を買ってこなかったのが悔やまれます。

胡桃堂喫茶店のコーヒーと、置かれていたツバメノート

うれしい出合い

初めての場所ですが、とても落ち着きました。

店内の本棚を眺めていると、「ご自由にお使いください」の文具コーナーに見覚えのある大学ノートが。
そう、愛用のツバメノート「ダ・ヴィンチ スクエア」
コメントが書かれたノートが何冊も並んでいるのを見て、「やっぱり、いいサイズと存在感だよなぁ」としみじみ。
うれしくなって、思わずコメントを残してきてしまいました。

帰りには、『続・ゆっくり、いそげ』を購入。
著者でクルミドコーヒー・胡桃堂喫茶店 店主の影山知明さんとも少しお話できて、ラッキーでした。

きっかけを思い出した

影山さんに「何で知ってくれましたか?」と質問されたのですが、そもそもはだいぶ前のことで、覚えていませんでした。
なんとなく知って、特に積極的にアクセスするわけでもなく、ネットで流れてくる情報に触れていたのです。

しかし、『続・ゆっくり、いそげ』を読み始めて、思い出しました。
影山さんが、生家をシェアハウスにし、1階にカフェを開設したというのを何かで読んだのがきっかけです。
その行動に、興味を持ったのでした。

思えば、全然別のルートから気になった「喫茶ランドリー」も、1階であることにこだわりがありました。
「喫茶ランドリー」にも行ったんです、今年。
レポートしそびれたままですが、こちらも面白かったです。

『続・ゆっくり、いそげ』は、造りも面白いのです。
そして、読んでいると、あの人やあの人の顔が浮かびました。
またレポートします。